Logo

Identification of the Otsuka Group's Materiality

マテリアリティの特定

大塚グループは、社会・環境問題をはじめとするサステナビリティ(持続可能性)への貢献が、グループの企業理念の根幹をなす重要な使命と認識し、さまざまな取り組みを行っています。
大塚グループとして重点的に取り組むべきマテリアリティ(重要課題)の特定においては、以下の分析手法を取り入れています。今後もこのプロセスを進化させ、事業活動と一体化したCSRを推進し、事業と社会の持続的な発展を目指していきます。

マテリアリティ特定プロセス
マテリアリティ候補のリストアップ
企業理念、CSRのビジョン・方針、既存のCSRの取り組み、国際CSRガイドライン、社会的責任投資(SRI)分野の視点等を総合的に判断し、マテリアリティ(重要課題)候補をリストアップ
ステークホルダー・経営への影響評価
各マテリアリティ候補が、さまざまなステークホルダーおよび大塚グループ経営それぞれに与える影響を調整・分析し、外部の意見も取り入れ定量的な評価を実施
マテリアリティマップの作成
各評価指標について、その重要度に応じてウェイトつけを行い、自社のCSR方針を精度高く反映したマテリアリティマップを作成
マテリアリティの特定
大塚グループ経営への影響、ステークホルダーへの影響の双方において、一定以上の数値に達した項目をマテリアリティに特定
CSR5分野の設定
大塚グループのCSRを健康、環境、品質、文化、社員の5分野に整理して、それぞれにおける取り組み方針を策定
マテリアリティの見直し
実際に行った5分野での取り組みを定期的に評価、必要に応じてマテリアリティや方針等の見直しを実施
マテリアリティ候補のリストアップ