Logo

Otsuka Group's CSR Vision

大塚グループのCSR ビジョン

大塚グループは、社会・環境問題をはじめとするサステナビリティ(持続可能性)に対する取組みが、グループの企業理念の根幹をなす重要な使命と認識し、さまざまな取り組みを行っています。

大塚グループのCSRは、‘Otsuka-people creating new products for better health worldwide’(世界の人々の健康に貢献する革新的な製品を創造する)の企業理念の実現をコアとし、それを取り巻くステークホルダーとのコミュニケーションによって生まれる活動であると位置づけています。企業の事業活動は、地域の方々、取引先、患者さんや生活者の皆さま等、多くのステークホルダーのご理解やご協力、ご支援がなくては成り立ちません。私たちが取り組む地域貢献、自然環境保全等のさまざまな社会貢献活動は、直接的あるいは間接的にものづくりやサービス改善に反映され、皆さまに喜ばれる価値ある製品やサービスを世の中に送り出すことにより事業が発展し、そしてステークホルダーとの信頼関係の構築にもつながっていきます。
このような、信頼をベースとした地域との協働や、製品への愛着や支持等「利益の社会還元」と「共感の享受」が循環し、相乗効果となって良い波紋が広がっていくものと考えています。
大塚グループは、事業と一体化したCSRを推進することで、社会に必要な企業として存在し続けていくことを目指しています。

大塚グループのCSRビジョンは、「企業理念の実現」に向かう求心力と「利益の社会還元」と「共感の享受」のコミュニケーションで生まれる遠心力を創業の地である徳島・鳴門の渦潮をモチーフに表現しています。

大塚グループのCSR 5つの分野
健康 大塚グループは、ヘルスケアをトータルで捉え、「疾病の治癒」と「健康の増進」の2つの視点から、革新的な製品づくりと情報の提供を進めていきます。
環境 私たちの社会や生活、事業活動は、自然から常に恩恵を受けて成り立っています。大塚グループは、自然環境への配慮を当然の責務と考え、製品づくりからその利用に至るまで持続可能な社会の形成に取り組みます。
品質 大塚グループの品質の考え方は、いわゆる安全・安心なものづくりにとどまりません。お客さまへの情報開示、パートナー企業との協力体制、地域の尊重、コンプライアンス等、幅広い取り組みにおいて社会的活動意義の品質向上を推進していきます。
文化 大塚グループは、地域社会とそこに根づく文化を大切にしています。地域との交流、協働、教育支援等を通じて地域の発展と次の時代を担う子どもたちの育成に貢献していきます。
社員 大塚グループの創造性の源泉は企業理念の実現のなかにあると考えています。既成概念を打破し、発想を転換し、成し遂げる。そのように多様な社員が躍動する企業風土を育み、社会に役立つ革新的製品を生み出し続けます。