Logo

Employees 社員

大塚グループの創造性の源泉は企業理念の実現のなかにあると考えています。既成概念を打破し、発想を転換し、成し遂げる。そのように多様な社員が躍動する企業風土を育み、社会に役立つ革新的製品を生み出し続けます。

社員の健康とワークライフバランス

社員の多様な価値観やライフスタイルを尊重し、仕事と家庭を両立しながら、一人ひとりが能力を最大限発揮できる職場環境の整備に取り組んでいます。

介護支援

Theme thumb img worklife

Theme thumb img worklife02

大鵬薬品:仕事と介護の両立支援セミナー

Theme thumb %e5%a4%a7%e5%a1%9a%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc

大塚製薬:仕事と介護の両立支援セミナー

Theme thumb %e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc

大塚グループでは、介護にかかわるようになっても離職することなく仕事が続けられるよう、様々な取り組みを推進しています。「介護休職制度」をはじめ、「介護短時間勤務制度」(最長1年)、「介護時差勤務制度」(最長1年)を整備し、要支援・要介護状態の親族を抱える社員に取得を奨励しています。
大塚製薬では、法定を上回る介護休業期間を設けており、大鵬薬品では「介護休職制度」をはじめ、「介護短時間勤務制度」(最長1年)、「介護時差勤務制度」(最長1年)を整備し、要支援・要介護状態の親族を抱える社員に取得を奨励しています。それに加え休業中の個人の社会保険料を会社で負担するなどの制度面の充実を図っています。公的な制度、会社の支援制度のしくみおよびその活用法についてまとめたハンドブックも作製しました。また、介護が必要になった際に役立つ制度や相談先等の情報をイントラネットで周知し、利用を奨励しています。その他、定期的に「仕事と介護の両立支援セミナー」を開催し、介護に関する情報提供、社員の意識の啓発と把握に努めています。
イーエヌ大塚製薬では、社会問題となっている介護離職を防止するために、時効消滅する年次有給休暇を保存休暇として最大100日間留保できるしくみを導入しており、家族の介護に直面している社員に対し、仕事と介護を両立するための時間的配慮を行っています。また、制度面の整備だけでなく制度を利用しやすい雰囲気づくりにも注力しています。
大塚製薬, 大鵬薬品, イーエヌ大塚製薬

育児支援

Theme thumb %e8%82%b2%e5%85%90%e6%94%af%e6%8f%b4

Theme thumb %e5%a4%a7%e9%b5%ac%e8%96%ac%e5%93%81  %e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%8a%e3%81%8f%e3%82%8b%e3%81%bf%e3%82%93 %e8%aa%8d%e5%ae%9a

大塚製薬工場、大鵬薬品:「プラチナくるみん認定」を取得

大塚グループでは、各社で子育て支援企業認定マーク「くるみん」を取得し、社員が仕事と子育てを両立しながら安心して働ける環境づくりを進めています。「育児休職制度」「育児短時間勤務制度」「育児時差勤務制度」を整え、法令で定められた産前産後休暇の拡充をはじめ、育児休暇取得後の復帰時の相談窓口の設置、事業所内保育所の設置等支援の充実を図っています。
大塚製薬工場では、仕事と私生活の両立支援をはじめ、一人ひとりが能力を発揮して働き続けることができる環境づくりに取り組んできました。その結果、2008年、2013年、2015年と合わせて3回の「くるみん」認定を受けました。社員にとって働きがいのある会社であるために、育児や介護の両立の支援等、柔軟な働き方の環境整備のため、2017年には「在宅勤務制度」を導入しました。「働き方改革」の本格始動を受けて、長時間労働の削減をはじめとした、全社員の働き方の改善に一層取り組んでいます。今後も、効率性と働きがいを向上する職場環境の整備を進め、一人ひとりの自律的成長を促し、多様な人材が活躍する職場を目指していきます。
大鵬薬品では、勤務時間の短縮や子の看護休暇等について対象となる子どもの年齢を広げるなど法定を上回る制度を定める他、営業職の社員の希望にもとづき、営業車での未就学児童の保育所送迎を許可するなどの取り組みを推進し、2017年1月に厚生労働大臣より「プラチナくるみん認定」を取得しました。妊娠中から育休復職後にかけて、希望者とその上司へ、社内のダイバーシティ担当や保健師等による個別面談やフォーラムを開催しており、妊娠・子育てとの両立に伴う不安などへの対応や制度に関する説明を行っています。
イーエヌ大塚製薬では、直近1年間で配偶者が出産した男性社員は12人おり、そのうち7人が配偶者出産休暇を取得しました(取得率58.3%)。休暇取得の7人中4人が交代制勤務従事者であり、職場全体で協力して勤務シフトをやりくりし、お互いのライフイベントを尊重する職場風土を醸成しています。

※「くるみん」は次世代育成支援対策推進法にもとづいた行動計画の策定・届出を行い、一定の基準を満たした企業を厚生労働大臣が認定する制度。「プラチナくるみん」は、すでに「くるみん」認定を受けた企業のうち、より高い水準の取り組みを行った企業が認定を受けられる。


 
育児休業取得数
  2015年度 2016年度 2017年度
  男性 女性 男性 女性 男性 女性
大塚製薬 0人 116人 5人 130人 44人 109人
大塚製薬工場 0人 25人 0人 34人 5人 27人
大鵬薬品 39人 30人 57人 28人 52人 27人
大塚化学 0人 1人 0人 1人 0人 2人
大塚倉庫 0人 5人 1人 2人 0人 2人
大塚食品 0人 5人 0人 7人 0人 10人
合計 39人 182人 63人 202人 101人 177人


※大鵬薬品および大塚製薬では、男性も短期間からでも育児休業制度を利用しやすい制度を整え、取得の促進に取り組んでいます。

大塚製薬, 大塚製薬工場, 大鵬薬品, イーエヌ大塚製薬

事業所内保育所の開設

Theme thumb %e4%bf%9d%e8%82%b2%e5%9c%92

大塚製薬:ビーンスターク保育園とくしま

Theme thumb otsuka pic19

大鵬薬品:すくすく保育園

大塚グループでは、2011年より「ビーンスターク保育園とくしま」「ビーンスターク保育園おおさか」(大塚製薬)、「すくすく保育園(茨城県)」(大鵬薬品)の3つの事業所内保育所を順次開園し、育児と仕事を両立している社員を支援しています。各保育園では、毎月の新規入園、一時保育・延長保育等の受け入れなど、柔軟に対応できる体制を整備することで、女性社員のキャリア継続だけでなく男性社員の育児参加の促進に取り組んでいます。
特に、「ビーンスターク保育園とくしま」では、人工的な遊具を一切設置しないなど、創造性を育むことを重視した独自性の高い自社運営による保育が保護者や子どもたちに好評で、当初は100人だった定員が2014年には150人となり、さらに2018年4月には210人に増員し、事業所内保育所としては国内最大級規模になりました。事業所内保育所の運営を通じて社員の多様なライフスタイルをサポートし、さらには多様な人材の確保による組織の活性化も目指していきます。
大塚製薬, 大鵬薬品

長時間労働改善への取り組み

大鵬薬品では、社員一人ひとりが健康で個々の能力を最大限発揮し、労働生産性を向上させることができるような職場づくりをすることを目的に人事部内にスマートワーク実現化チームを2016年に結成しました。徳島地区・つくば研究所では入退館の時刻を、それ以外の拠点ではパソコンの電源オン・オフの時刻を健康管理時間としてとらえ、出退勤時刻との不当な乖離はないか、健康を害するような労働実態はないかを確認しています。さらに2017年は「健康管理時間」への意識を高めるために、各部の部会等で人事部員がセミナーを開催しました。月に1回の「セルフケアデー」(ノー残業デー)には、人事部員が本社、本社別館の各フロアを巡回し、定時退社を呼び掛けています。連休の前後や休日の間の日、年末などに「プラスdeハッピーホリデー」(有休取得推進日)を設けています。有給休暇を積極的に取得するよう呼び掛け、有休取得率は年々増加しています。
また、イーエヌ大塚製薬では、過重労働撲滅のために労働時間の見える化と制度面の見直しを進めています。労働時間の見える化では、健康診断データやストレスチェックデータと勤怠データを一元化し、きめ細やかな労務管理ができる環境構築のための投資を行いました。制度面の見直しとしては、2019年度中をめどに、リモートワークやフレックスタイム制の適用拡大など労働時間の弾力化に向けた検討を行っていく予定です。
大鵬薬品, イーエヌ大塚製薬

「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定

Theme thumb %e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e5%b1%8b%e5%a4%96%e7%af%87 171003

定期的な運動提案

Theme thumb pocari1

定期的な運動提案

大塚グループは、事業の継続・発展には従業員一人ひとりが健康に生き生きと働けることが重要と考え、社員ならびにその家族の健康増進にかかわる施策に取り組み、2017年4月には健康経営をより一層推進するために「大塚グループ健康宣言」を制定しました。経済産業省と日本健康会議が共同で選ぶ「健康経営優良法人」に、大塚製薬 ※1、大塚製薬工場 ※1、大鵬薬品 ※1、JIMRO ※2が認定されています。

※1 健康経営優良法人~ホワイト500~
※2 健康経営優良法人(中小規模法人部門)

大塚製薬:「健康経営優良法人~ホワイト500~」2年連続で認定
大塚製薬は、社員一人ひとりが健康に生き生きと働けることが大切だと考え、①社員自らの健康管理の促進、②社員の健康の維持・増進の促進、③働きやすい職場環境整備の観点で施策に取り組んでいます。具体的には、30歳以上の社員の人間ドック受診無料化、事業での知見を活かした社員やその家族向けの健康セミナーやプログラムを実施しています。2017年1月には、社員の健康促進活動をより一層推進するため、経営者自ら「大塚製薬健康宣言」を行いました。
このような社員の健康への多様な取り組みが評価され、大塚製薬は2017年2月に「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されました。
 
※健康経営優良法人認定制度とは、経済産業省と日本健康会議が、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度。2020年までに500社が認定される予定。


大塚製薬工場:「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」に認定
大塚製薬工場は、このたび経済産業省と日本健康会議が共同で選ぶ「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」に認定されました。経営ビジョン“The Best Partner in Clinical Nutrition”(臨床栄養領域における患者さんや医療従事者のベストパートナーを目指す)の実現には、社員一人ひとりの健康は欠かせない要素であると考えており、この認識のもと全社員が生き生きと働くことができる職場環境を実現するとともに、健康に対する意識醸成を通じて健全な経営を推進し、社員とその家族の健康維持・増進に向けた取り組みを実践しています。具体的には、健康診断受診100%、インフルエンザ予防接種を希望する社員全員(派遣社員を含む)に接種費用を会社が全額負担、ノー残業デーの推進などを実施しています。


大鵬薬品:「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」に認定
大鵬薬品は、2017年2月に「健康宣言」を表明し、社員一人ひとりが心身ともに健康で活き活きと自由闊達に働ける職場環境をより充実させるため、全社で様々な施策に取り組んできました。この多様な取り組みが評価され、経済産業省と日本健康会議が共同で選ぶ「健康経営優良法人~ホワイト500~」に2月20日付けで認定されました。大鵬薬品の主な取り組みは、①30歳以上の社員の人間ドック受診無料期間を設定し積極的な受診を推進、また診断実施後の措置についての指導、➁メンタルヘルスケアの重要性について全社員対象でeラーニングを実施し、管理監督者には資格試験の受験を義務づけることで知識の普及や組織的な健康管理の促進を図る、③治療と仕事を両立しながら働ける環境整備やがん予防対策などを検討実施し、がんと共存する社会を目指す、などです。
大鵬薬品は、今後も社員の健康促進に積極的に取り組み、人びとの健康を高め満ち足りた笑顔あふれる社会づくりに貢献していきます。
大塚製薬, 大塚製薬工場, 大鵬薬品

がん患者就労支援

Theme thumb otsuka pic21

大鵬薬品:「TOKYO WORK CIRCLE PROJECT ※」

大鵬薬品は、抗がん剤を扱う企業として、社員ががん等の病気に罹っても、治療しながら働き続けられる職場づくりを目指し、人事部と産業看護職が中心となり「がん患者就労支援チーム」を結成し、サポート体制を整備しました。積み立て有休、半日有休、在宅勤務等、仕事と治療の両立支援を図る一方、がんに罹患した社員が治療に専念できるよう、休業期間延長、再雇用制度(カムバックパス制度)等、制度の充実を図っています。
2016年2月東京都が実施する「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰」において「優良賞」を受賞した後は、社内外に向け両立支援の周知、発展のための活動を続けています。

※がんの治療と仕事の両立支援に関して優良な取り組みを行う企業への東京都の表彰制度。2016年2月、大鵬薬品は「優良賞」を受賞。
大鵬薬品

社員の健康・安全衛生

Theme thumb %e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e5%81%a5%e5%ba%b71

大塚製薬:徳島健康プロジェクト「親子サッカー教室」

Theme thumb %e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e5%81%a5%e5%ba%b72

大鵬薬品:歯科セミナー

Theme thumb %e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e5%81%a5%e5%ba%b73

大鵬薬品、大塚テクノ、JIMRO:AED講習

大塚グループでは、グループの共通の企業理念である「世界の人々の健康に貢献する革新的な製品を創造する」を実現するためには、社員一人ひとりの心身の健康が不可欠であるとの認識のもと、各社においてそれぞれ健康宣言を行い、大塚グループ社員およびその家族の健康の維持・増進のための職場環境の整備に努めることを宣言しています。
社員の健康増進のため、様々な健康プログラムや相談窓口の設置等も実施しています。社員とその家族も対象に含めた「電話による健康医療相談」や「健康ニュース」の配信、「メンタルヘルスカウンセリング」や「ストレスマネジメント研修」、管理職を対象とした「メンタルヘルス研修」の実施等、体と心の健康管理に取り組んでいます。また、労働災害防止の観点から、緊急時に向けた各種訓練、交通安全対策等にも注力しています。
大塚ホールディングスでは、社員の健康を推進するために大塚製薬健康保険組合、医療職、各社健康管理担当が連携して社員の健康増進に向けた活動を行っており、そのひとつがグループ社員やそのご家族を対象にした「健康セミナー」であり、グループの健康への取り組み、健康保険組合の紹介、社員や家族の健康につながる講演等を全国の主要都市で開催しています。
その他、グループの徳島・鳴門・松茂エリアで「生活習慣病リスクの軽減による元気で明るい職場づくり」をテーマに徳島健康プロジェクトをスタートさせました。本プロジェクトには、メタボ該当者およびメタボ予備群を対象としてメタボ改善に取り組む「改善アプローチ」と、徳島エリアのグループ社員とその家族を対象に健康増進やメタボ・疾病予防につながる各種プログラムを提供する「エリアアプローチ」の二大アプローチがあり、2017年は大塚製薬・大塚製薬工場共催で活動を開始し、2018年以降、徳島県に事業所のあるグループ各社に拡大していく計画です。
大塚製薬は、「徳島健康プロジェクト」において、最も社員の多い徳島エリアでメタボ予備軍への改善アプローチとエリア全体の健康意識向上を目的としたエリアアプローチを開始し、ウォーキングや運動の推奨、食事指導等を行っています。
また、2017年12月には、社員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた取り組みを行っている企業としてスポーツ庁の平成29年度「スポーツエールカンパニー」に認定されました。
大鵬薬品では、本社で歯科セミナーを実施し、歯科衛生士より口腔ケアの重要性や正しい口腔ケアの方法を学ぶ機会を提供しました。また、各工場やつくば研究所内の社員食堂では、季節に応じて食生活から考える健康増進へのワンポイントアドバイスを卓上POPとして掲示し、日常生活における健康啓発に努めています。その他、つくば研究所では緊急時の応急手当を習得するため、心肺蘇生やAED(自動体外式除細動器)の使用方法の講習を定期的に実施しています。
イーエヌ大塚製薬花巻工場・北上工場では、毎年熱中症予防資料を社員に回覧し予防意識を高めています。2013年度からは6月~9月の間、各拠点でポカリスエットサーバーを設置し、社員の積極的な水分補給を奨励し、交代制で勤務される工場の方々からは好評をいただいています。
大塚電子ではメタボ対策の一環として滋賀工場の食堂に「賢者の食卓」を設置しています。大塚電子滋賀工場では社員の健康増進のため、年一度健康セミナーを実施しています。2017年は7月に「熱中症対策」をテーマにDVD視聴を実施しています。
JIMROでは社内や社外、家庭での緊急時の対応に備え、迅速に活動できるよう最新の訓練機器を使用した心肺蘇生訓練およびAED訓練を毎年定期的に開催しています。
大塚ホールディングス, 大塚製薬工場, 大鵬薬品, イーエヌ大塚製薬, 大塚電子, 大塚テクノ, JIMRO

ポカリフレッシュ

Theme thumb pocari1

大塚製薬:ポカリンピック(カーリング)

Theme thumb %e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e5%81%a5%e5%ba%b7 %e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

大塚製薬:ポカリフレッシュ(徳島)

Theme thumb pocari3

大塚製薬:ポカリフレッシュ(徳島)

大塚製薬では、社員の健康意識の向上、健康維持・増進に努めてもらうことを目的に、様々な健康教育や運動プログラムを実施しています。2007年からは、毎週1回、インストラクターがオフィス内を巡回し、社員が自分の持ち場でリフレッシュ運動(約8分間)をする「ポカリフレッシュ」を実施しています。肩のストレッチや脳の体操など毎回テーマを変えて運動を行っており、社員からは開始当初より好評を博しています。現在では、東京本部、大阪本部、徳島エリアで継続的に実施しており、業務効率の向上にもつなげています。また、年に1~2回は1日会議室を開放して運動機会を提供する特別イベントも実施し、楽しみながら社員が運動習慣をつける機会の提供ときっかけづくりを実施しています。
1回8分の運動だけでなく、もう少ししっかり運動したいという要望もあったため、品川では2月を運動月間として、就業時間後の1時間、ポカリフレッシュ課外授業「ポカリフレッシュ+(プラス)」を3回シリーズで実施しました。
また、ポカリフレッシュの1日イベントとして「冬季ポカリンピック2018」を品川にて開催し、「カーリング」「卓球」「ダッシュ競技」、点滅する光を消していく「FIT LIGHT」など様々な競技で、部署対抗戦として競いあいました。参加者には非常に好評で、チームワークの醸成、コミュニケーションの向上にもつながりました。
大塚製薬

海外緊急事態シミュレーション演習

Theme thumb %e6%bc%94%e7%bf%921

演習に参加した台北のTWOPとKCO

Theme thumb %e6%9d%b1%e4%ba%ac%e4%bc%9a%e5%a0%b4

大塚HDをはじめ、グループ5社が参加した東京会場

Theme thumb %e5%a4%a7%e9%98%aa%e4%bc%9a%e5%a0%b4

大塚製薬OIAA事業部と大塚製薬工場が参加した大阪会場

大塚ホールディングス(HD)および大塚製薬は年1回、海外で緊急事態が発生した想定での対応シミュレーション演習を実施しています。2018年度は10月15日に、台湾拠点で緊急事態が発生したとの想定で、60人が参加しシミュレーション演習を実施しました。演習には、台北から台湾大塚製薬(TWOP)本社と工場、金車大塚(KCO)、東京から大塚HD、大塚製薬本社対策本部、大塚製薬工場、大塚化学、大鵬薬品、大塚倉庫、大阪から大塚製薬OIAA事業部と大塚製薬工場が参加し、3極をテレビ会議システムで接続し連携して対応しました。
演習では「台北付近で大規模地震が発生」との想定の元、それぞれ現地対策本部を設置し、本社対策本部と情報共有しながら、リアルタイムに意思疎通を図って連携し対応の訓練を行いました。
グローバルに事業を展開する大塚グループとして、世界で起こり得る不測の事態に備えるため、今後もこのような演習を継続してまいります。
大塚ホールディングス, 大塚製薬, 大塚製薬工場, 大鵬薬品, 大塚倉庫, 大塚化学, 海外グループ会社

ボランティア休暇取得の奨励

フードステイト社(米国)では、社員が非営利団体や慈善団体でボランティア活動をするための有給休暇制度「Pursue Your Passion(情熱を追求しよう)」の取得を奨励しています。社員は本制度の活用により、情熱を持ってやり遂げることへの達成感を感じると同時に、社会との関係性の強化を図ることができます。2017年には同社の約2割の社員が本制度を活用しました。
海外グループ会社
社員
ダイバーシティ
Response thumb img wing

女性の活躍推進

大塚グループは、多様な人材の活躍は、創造性の喚起や社会からの要請に対応できる体制強化等、企業の成長には必要不可欠な要素であると考えています。海外と比較...

社員
ダイバーシティ
Response thumb cimg7352

セカンドライフ支援

大塚グループでは、定年を迎えた60歳以上のシニア社員の就労機会の提供と豊富な経験やスキルの継承を目的に「新エルダー社員制度」を設け、希望者全員に再雇用...

社員
ダイバーシティ
Response thumb %e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

ノーマライゼーション

大塚グループでは、障がい者が健常者とともに等しく生きる社会の実現を目指すノーマライゼーションの理念を大切にし、能力を発揮して活躍できる職場環境づくりに...

社員
ダイバーシティ
Response thumb thumb2016 emp02

雇用における人権

大塚グループは、‘Otsuka-people creating new products for better health worldwide’の企...

社員
ダイバーシティ
Response thumb %e7%ac%ac7%e6%9c%9fwing%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e5%85%a8%e4%bd%93%e4%bc%9a%e8%ad%b0

第7期WING第3回全体会議 社員制作の「育休とってイクメン・イクボス」ビデオ上映

大塚製薬の東京本部で2017年6月に第7期WING※の第3回全体会議を開催しました。会議ではWINGメンバーが作成したビデオ「育休とってイクメン・イク...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb img worklife

介護支援

大塚グループでは、介護にかかわるようになっても離職することなく仕事が続けられるよう、様々な取り組みを推進しています。「介護休職制度」をはじめ、「介護短...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb %e8%82%b2%e5%85%90%e6%94%af%e6%8f%b4

育児支援

大塚グループでは、各社で子育て支援企業認定マーク「くるみん ※ 」を取得し、社員が仕事と子育てを両立しながら安心して働ける環境づくりを進めています。「...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb %e4%bf%9d%e8%82%b2%e5%9c%92

事業所内保育所の開設

大塚グループでは、2011年より「ビーンスターク保育園とくしま」「ビーンスターク保育園おおさか」(大塚製薬)、「すくすく保育園(茨城県)」(大鵬薬品)...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb thumb2016 emp02

長時間労働改善への取り組み

大鵬薬品では、社員一人ひとりが健康で個々の能力を最大限発揮し、労働生産性を向上させることができるような職場づくりをすることを目的に人事部内にスマートワ...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb %e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e5%b1%8b%e5%a4%96%e7%af%87 171003

「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定

大塚グループは、事業の継続・発展には従業員一人ひとりが健康に生き生きと働けることが重要と考え、社員ならびにその家族の健康増進にかかわる施策に取り組み、...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb otsuka pic21

がん患者就労支援

大鵬薬品は、抗がん剤を扱う企業として、社員ががん等の病気に罹っても、治療しながら働き続けられる職場づくりを目指し、人事部と産業看護職が中心となり「がん...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb %e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e5%81%a5%e5%ba%b71

社員の健康・安全衛生

大塚グループでは、グループの共通の企業理念である「世界の人々の健康に貢献する革新的な製品を創造する」を実現するためには、社員一人ひとりの心身の健康が不...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb pocari1

ポカリフレッシュ

大塚製薬では、社員の健康意識の向上、健康維持・増進に努めてもらうことを目的に、様々な健康教育や運動プログラムを実施しています。2007年からは、毎週1...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb %e6%bc%94%e7%bf%921

海外緊急事態シミュレーション演習

大塚ホールディングス(HD)および大塚製薬は年1回、海外で緊急事態が発生した想定での対応シミュレーション演習を実施しています。2018年度は10月15...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb thumb2016 emp02

ボランティア休暇取得の奨励

フードステイト社(米国)では、社員が非営利団体や慈善団体でボランティア活動をするための有給休暇制度「Pursue Your Passion(情熱を追求...

社員
人材育成
Response thumb thumb2016 emp02

人材育成プログラム「大塚グローバルアカデミー」

大塚グループが、中長期的に創造的・革新的かつ持続的な成長を続け、企業価値を大きく成長させるためには、「中長期を見据えた事業投資」と並行して「次世代を担...

社員
人材育成
Response thumb %e9%9a%8e%e5%b1%a4%e5%88%a5%e7%a0%94%e4%bf%ae

自己啓発

大塚グループでは、社員が個性を発揮し能力や技術を向上させるため、新入社員が現場での実践から学ぶOJT※をはじめ、「リーダー育成研修」「技術者育成研修」...

社員
人材育成
Response thumb dscn1750

疑似体感訓練「安全道場」

大塚化学では、安全第一の観点から、2012年より「安全道場」を開設し、社内だけでなく海外関連会社や社外も対象に、安全意識を向上させる研修訓練を行ってい...

社員
人材育成
Response thumb %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%9b%b8%e8%ab%87%e5%ae%a4%e5%86%99%e7%9c%9f

キャリアプランの形成

大塚グループでは、社員一人ひとりが生き生きと活躍できるよう、自律的なキャリアプランの形成を支援しています。 大鵬薬品では、キャリアプランに限定せず、...

社員
人材育成
Response thumb %e4%bc%81%e6%a5%ad%e5%86%85%e5%a4%a7%e5%ad%a6 %e5%a4%a7%e9%b5%ac

大鵬薬品の企業内大学「Global One Academy」

大鵬薬品は、リーダーシップを発揮して、経営課題を解決できるグローバルリーダーを持続的に生み出すことを目指す大鵬グループ共通の企業内大学として、Glob...