Logo

Employees 社員

大塚グループの創造性の源泉は企業理念の実現のなかにあると考えています。既成概念を打破し、発想を転換し、成し遂げる。そのように多様な社員が躍動する企業風土を育み、社会に役立つ革新的製品を生み出し続けます。

ダイバーシティ

大塚グループでは、社員の人権を尊重した職場環境づくりを目指すとともに、多様な人材の強みを活かすことが強くしなやかな組織をつくり、革新につながると考え、ダイバーシティを推進しています。

女性の活躍推進

Theme thumb img wing

大塚製薬:自主的リーダー勉強会「WING」

Theme thumb %e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e6%b4%bb%e8%ba%8d%e6%8e%a8%e9%80%b22

大塚製薬:「Otsuka Women’s Workshop」

Theme thumb %e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e6%b4%bb%e8%ba%8d%e6%8e%a8%e9%80%b23

大塚製薬:「Otsuka Women’s Workshop」

Theme thumb theme thumb otsuka pic40

ダイバーシティ経営企業100選:ダイバーシティ推進の意義に対する認識を浸透させ、取り組み企業の裾野を拡大することを目的として、ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業が表彰される

大塚グループは、多様な人材の活躍は、企業の成長の原動力となる革新的な製品やアイディアを生み出すために必要不可欠であると考え、グループ各社が様々な活動に取り組んでいます。
大塚製薬では、ダイバーシティという概念が浸透していなかった1990年より「女性フォーラム(現:ダイバーシティフォーラム)」を開催するなど、その先進的な取り組みが評価され、2014年には「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)に選出されました。社員からのボトムアップによるダイバーシティ推進も活発に行っており、具体的にはダイバーシティ推進プロジェクトの一環として、育児と仕事の両立などに関する情報共有の場となる「Otsuka Women’s Workshop」を開催し、結婚・出産・育児後のキャリア継続に貢献しています。さらに組織横断的な自主勉強会「WING」も開催し、「わたし達が変わり会社を変える」をテーマに積極的な活動を行っています。これらの取り組みが評価され、大塚製薬は2018年2月、国立京都国際会館で開かれた関西財界セミナー賞2018で、「輝く女性賞」を受賞しました。
大鵬薬品では、育児と仕事の両立支援の充実に注力しています。育児休業の取得時には、本人の希望に応じて上司や人事部との妊娠時面談や産休前面談、復職前面談を実施し、制度や人事考課の注意点の理解や復職後の働き方の意識づくりにつなげています。また、スムーズな職場復帰を支援するために、本人の希望にもとづき、復職前よりタブレットPCを貸与し、自己啓発に役立ててもらっています。育児支援の面では、営業職の社員の要望にもとづき、営業車での保育所への送迎を認めています。
大塚食品では「育児期社員の交流会」を開催しました。主に未就学児を持つ男性社員・女性社員が参加し、働きやすい職場環境について意見交換を行いました。その他に、「女性が活躍するために」をテーマとして次期管理職クラスの女性社員が参加し、女性社員自身が活躍するために何ができるかを考え行動してもらうことを目的として交流会議を実施しました。
大塚電子においても、人材開発部長に女性を登用するなど女性管理職の活躍の場を広げ、女性ならではの視点からのワークライフバランスの検討や働きやすさ改革に取り組んでいます。

 

VOICE

写真
多様性の学びの場「WING」に参加
大塚製薬株式会社
医薬品事業部PV部メディカルセーフティー室 係長
杉本夕奈

他部署や海外グループ会社の社員とかかわりながら業務に携わるなかで、ダイバーシティを感じる機会が多くあり、組織横断的な自主勉強会「WING」に参加しています。「WING」では、昨今話題のワークライフバランスの考え方、男性脳・女性脳を理解した上でのコミュニケーション、先輩方の育児や介護の経験談等から学び得たことを社員に情報提供することも検討しています。自身の変化としても、考え方ひとつで日頃の業務、生活がうまくいくことを少しずつ実感しています。

大塚グループ, 大塚製薬, 大鵬薬品, イーエヌ大塚製薬, 大塚食品, 大塚電子

セカンドライフ支援

Theme thumb cimg7352

大塚製薬工場:ライフプランセミナー

Theme thumb img 0388

大塚製薬工場:運動プログラム

大塚グループでは、定年を迎えた60歳以上のシニア社員の就労機会の提供と豊富な経験やスキルの継承を目的に「新エルダー社員制度」を設け、希望者全員に再雇用の道を開いています。さらに、新たな発想や視点を取り入れ、業務の活性化や人材育成を図る試みとして、社外からもシニア人材を嘱託として採用しています。こうしたシニア層の活躍をサポートするため、在宅勤務制度や介護休暇取得の支援等、個々の事情に柔軟に対応する勤務形態の整備に取り組んでいます。
大塚ホールディングスでは、58歳を迎える社員を対象にライフプランセミナーを開催し、定年後の生活設計を考える機会を設け、グループ各社が参加しています。
人生100年時代を見据え、大塚製薬工場では57歳を迎える社員を対象に、個々の多様なライフプランに呼応し、社会参加、地域活性化に貢献できる健康で豊かなセカンドライフをサポートするためのセミナーを開催しています。専属産業医による生活習慣病についての講話、健康運動指導士による体幹トレーニングの実技指導や体力測定、集団認知機能検査を取り入れるなど、健康を意識する多彩なプログラムを実施しています。人生を自分らしく豊かに生き切るために必要なことを考える機会として、つながりの再構築を意識したグループワークを行うなど、同世代だからこそ話せる率直な意見交換の場を設けています。定年後の生活設計については、退職金制度や税金の基礎知識、年金等の社会保障制度についての講義に加え、今後のライフイベントを想定したマネープランの作成など、豊かで充実したライフデザインを考えるきっかけを提供しています。
イーエヌ大塚製薬では、東京都が推進する“東京都中高年勤労者福祉推進員(ライフプランアドバイザー)養成講座”を修了した担当者を人事部に配置しています。養成講座で学んだ知識をもとに健康・社会保障・生き甲斐等の総合的なライフプランニングに向けたアドバイスをすることで、在職中からセカンドライフの事前準備が行える環境を整備し、官民一体となって充実したセカンドライフ(シニアライフ)の形成を支援しています。
大塚グループ, 大塚ホールディングス, 大塚製薬工場, イーエヌ大塚製薬

ノーマライゼーション

Theme thumb %e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

大塚製薬:「まごころファーム コスモス」が、徳島県「安2GAP認証(優秀認定)」を取得

Theme thumb theme thumb %e9%9a%9c%e3%81%8b%e3%82%99%e3%81%84%e8%80%85%e6%94%af%e6%8f%b4

Theme thumb theme thumb %e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%8c%e3%82%93%e3%81%97%e3%82%99%e3%81%a8%e3%82%99%e5%be%b3%e5%b3%b6dsc01199

大塚製薬:「チャレンジドとくしま賞」の表彰

Theme thumb theme thumb theme thumb theme thumb csr2015 p44 03

はーとふる川内:「精神障害者等雇用優良企業マーク」

大塚グループでは、障がい者が健常者とともに等しく生きる社会の実現を目指すノーマライゼーションの理念を大切にし、能力を発揮して活躍できる職場環境づくりに取り組んでいます。
大塚製薬の特例子会社「はーとふる川内」では、「精神障がい者とともに働く」ことを会社の方針に掲げ、専門の相談支援員の配置や、1時間単位で有給休暇を取得できる就業規則の運用等、体制や制度を整備しています。その取り組みが評価され、2015年に「精神障害者等雇用優良企業 」に認証、2016年には、社員が長年にわたり職業人として活躍している障がいのある方の功績をたたえる「チャレンジドとくしま賞」を社員が受賞しました。2017年には障がい者雇用農園「まごころファーム コスモス」が、徳島県の「とくしま安(あんあん)GAP農作物認証【優秀認定】」を取得。この認証制度は、安心・安全なトマト栽培に加え、周囲の環境保全や働く社員の安全衛生などの整備が確認されて初めて取得できるものです。
大鵬薬品徳島工場では、地域の福祉支援施設の協力を得て2016年より障がい者の就労を推進、2017年末では8人の障がい者が緑地管理や機器点検、食堂ロビーの清掃、廃棄物回収等の業務を担っています。また北島工場(徳島県)においても2017年11月に竣工した厚生・事務棟内の清掃や食堂内のカフェコーナーの運営および食堂内の清掃など、5人の障がい者雇用を行っています。
イーエヌ大塚製薬では、2015年から法定雇用率を上回る障がい者雇用を実現しています。障がい者の継続的な雇用が難しいなか、2016年度より工場内の環境整備作業で雇用している障がい者2人は、2年の継続雇用を達成しています。今後も定着できるよう、事業者全体で取り組んでいきます。
大塚電子では、2012年度から障がい者を雇用し、社内作業に従事しています。コミュニケーション面の工夫等、従業員一人ひとりが協調と助け合いの精神を持って互いを尊重しあいながら、日々の業務に協力して取り組んでいます。

※ 精神障害者等の雇用について、特に優れた取り組みと積極的な社会貢献を行う企業を厚生労働省の委託事業として精神障害者等雇用優良企業認証事業委員会が認証を行う
大塚製薬, 大鵬薬品, 大塚電子

雇用における人権

大塚グループは、‘Otsuka-people creating new products for better health worldwide’の企業理念のもと、グローバルで事業を展開するトータルヘルスケア企業です。グローバルに事業活動を行う私たちは、多様な個の活躍が事業成長の原動力となると考え、人権、自由、平等といった社会共通の理念の尊重は不可欠であると認識しており、これまでも人権や国籍、年齢、性別等の多様性を尊重し、個性や価値観を発揮できる企業風土の醸成に積極的に取り組んできました。
世界に広がる大塚グループで業務に携わるすべての人々が実践すべき最低限の行動規準として、「大塚グループ・グローバル行動規準」を制定し、大塚ホールディングスの関連会社の役員および社員、派遣社員、大塚のために業務を行う第三者(業務委託先、代理店、仕入先など)にも本規準を理解の上、本規準に従って行動してもらうよう努め、高い倫理観にもとづき事業に取り組んでいます。
また、年1回以上開催されるグループ各社のコンプライアンス研修では「大塚グループ・グローバル行動規準」について世界共通の研修資料を用意し、全グループで共通の研修を実施しています。
大塚ホールディングスは、2016年に国連グローバル・コンパクト(UNGC)※1に加入し、翌2017年にはUNGCとUN Women ※2 が共同で作成した女性の活躍推進に自主的に取り組む企業の行動原則である「女性のエンパワーメント原則(WEPs:Women's Empowerment Principles)」に署名をしました。
UNGCとWEPsへの支持により、グループ全体でダイバーシティを推進し、個の力を発揮できるような労働環境・社会環境を整備することに対する私たちの強い意志をあらためて表明しました。今後も人権や多様性を尊重し、個性や価値観を発揮できる取り組みをさらに推進していきます。

※1 国連グローバル・コンパクト(UNGC):各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することにより、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する自発的な取り組み。大塚ホールディングスは2016年11月に参加。

※2 UN Women(United Nations Entity for Gender Equality and the Empowerment of Women):2010年の国連総会決議により、DAW(国連女性地位向上部)、INSTRAW(国際婦人調査訓練研究所)、OSAGI(国連ジェンダー問題特別顧問事務所)、UNIFEM(国連女性開発基金)の4機関を統合して設立された、ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関。
大塚グループ, 大塚ホールディングス

第7期WING第3回全体会議 社員制作の「育休とってイクメン・イクボス」ビデオ上映

Theme thumb %e7%ac%ac7%e6%9c%9fwing%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e5%85%a8%e4%bd%93%e4%bc%9a%e8%ad%b0

第7期WING第3回全体会議に参加した皆さん

大塚製薬の東京本部で2017年6月に第7期WING※の第3回全体会議を開催しました。会議ではWINGメンバーが作成したビデオ「育休とってイクメン・イクボス」を上映しました。これは、男性社員が上司に育休取得について相談するシーンから始まり、上司や同僚と業務の調整をしながら安心して2カ月の育休を取ることができたというストーリーを社員自身が演じています。上映したビデオは、ダイバーシティ推進プロジェクトのサイトに掲載されており、育児休職や育児勤務に対する理解の周知、社内研修などで活用されることをチームとして期待しています。
大塚製薬
社員
ダイバーシティ
Response thumb img wing

女性の活躍推進

大塚グループは、多様な人材の活躍は、企業の成長の原動力となる革新的な製品やアイディアを生み出すために必要不可欠であると考え、グループ各社が様々な活動に...

社員
ダイバーシティ
Response thumb cimg7352

セカンドライフ支援

大塚グループでは、定年を迎えた60歳以上のシニア社員の就労機会の提供と豊富な経験やスキルの継承を目的に「新エルダー社員制度」を設け、希望者全員に再雇用...

社員
ダイバーシティ
Response thumb %e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

ノーマライゼーション

大塚グループでは、障がい者が健常者とともに等しく生きる社会の実現を目指すノーマライゼーションの理念を大切にし、能力を発揮して活躍できる職場環境づくりに...

社員
ダイバーシティ
Response thumb thumb2016 emp02

雇用における人権

大塚グループは、‘Otsuka-people creating new products for better health worldwide’の企...

社員
ダイバーシティ
Response thumb %e7%ac%ac7%e6%9c%9fwing%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e5%85%a8%e4%bd%93%e4%bc%9a%e8%ad%b0

第7期WING第3回全体会議 社員制作の「育休とってイクメン・イクボス」ビデオ上映

大塚製薬の東京本部で2017年6月に第7期WING※の第3回全体会議を開催しました。会議ではWINGメンバーが作成したビデオ「育休とってイクメン・イク...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb img worklife

介護支援

大塚グループでは、介護にかかわるようになっても離職することなく仕事が続けられるよう、様々な取り組みを推進しています。「介護休職制度」をはじめ、「介護短...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb %e8%82%b2%e5%85%90%e6%94%af%e6%8f%b4

育児支援

大塚グループでは、各社で子育て支援企業認定マーク「くるみん ※ 」を取得し、社員が仕事と子育てを両立しながら安心して働ける環境づくりを進めています。「...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb %e4%bf%9d%e8%82%b2%e5%9c%92

事業所内保育所の開設

大塚グループでは、2011年より「ビーンスターク保育園とくしま」「ビーンスターク保育園おおさか」(大塚製薬)、「すくすく保育園(茨城県)」(大鵬薬品)...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb thumb2016 emp02

長時間労働改善への取り組み

大鵬薬品では、社員一人ひとりが健康で個々の能力を最大限発揮し、労働生産性を向上させることができるような職場づくりをすることを目的に人事部内にスマートワ...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb %e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e5%b1%8b%e5%a4%96%e7%af%87 171003

「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定

大塚グループは、事業の継続・発展には従業員一人ひとりが健康に生き生きと働けることが重要と考え、社員ならびにその家族の健康増進にかかわる施策に取り組み、...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb otsuka pic21

がん患者就労支援

大鵬薬品は、抗がん剤を扱う企業として、社員ががん等の病気に罹っても、治療しながら働き続けられる職場づくりを目指し、人事部と産業看護職が中心となり「がん...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb %e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e5%81%a5%e5%ba%b71

社員の健康・安全衛生

大塚グループでは、グループの共通の企業理念である「世界の人々の健康に貢献する革新的な製品を創造する」を実現するためには、社員一人ひとりの心身の健康が不...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb %e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e5%81%a5%e5%ba%b7 %e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

ポカリフレッシュ

大塚製薬では、社員の健康意識の向上、健康維持・増進に努めてもらうことを目的に、様々な健康教育や運動プログラムを実施しています。2007年からは、毎週1...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb %e6%bc%94%e7%bf%921

海外緊急事態シミュレーション演習

大塚ホールディングス(HD)および大塚製薬は年1回、海外で緊急事態が発生した想定での対応シミュレーション演習を実施しています。2018年度は10月15...

社員
社員の健康とワークライフバランス
Response thumb thumb2016 emp02

ボランティア休暇取得の奨励

フードステイト社(米国)では、社員が非営利団体や慈善団体でボランティア活動をするための有給休暇制度「Pursue Your Passion(情熱を追求...

社員
人材育成
Response thumb thumb2016 emp02

人材育成プログラム「大塚グローバルアカデミー」

大塚グループが、中長期的に創造的・革新的かつ持続的な成長を続け、企業価値を大きく成長させるためには、「中長期を見据えた事業投資」と並行して「次世代を担...

社員
人材育成
Response thumb %e9%9a%8e%e5%b1%a4%e5%88%a5%e7%a0%94%e4%bf%ae

自己啓発

大塚グループでは、社員が個性を発揮し能力や技術を向上させるため、新入社員が現場での実践から学ぶOJT※をはじめ、「リーダー育成研修」「技術者育成研修」...

社員
人材育成
Response thumb dscn1750

疑似体感訓練「安全道場」

大塚化学では、安全第一の観点から、2012年より「安全道場」を開設し、社内だけでなく海外関連会社や社外も対象に、安全意識を向上させる研修訓練を行ってい...

社員
人材育成
Response thumb %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%9b%b8%e8%ab%87%e5%ae%a4%e5%86%99%e7%9c%9f

キャリアプランの形成

大塚グループでは、社員一人ひとりが生き生きと活躍できるよう、自律的なキャリアプランの形成を支援しています。 大鵬薬品では、キャリアプランに限定せず、...

社員
人材育成
Response thumb %e4%bc%81%e6%a5%ad%e5%86%85%e5%a4%a7%e5%ad%a6 %e5%a4%a7%e9%b5%ac

大鵬薬品の企業内大学「Global One Academy」

大鵬薬品は、リーダーシップを発揮して、経営課題を解決できるグローバルリーダーを持続的に生み出すことを目指す大鵬グループ共通の企業内大学として、Glob...