Logo

Environment 環境

私たちの社会や生活、事業活動は、自然から常に恩恵を受けて成り立っています。大塚グループは、自然環境への配慮を当然の責務と考え、製品づくりからその利用に至るまで持続可能な社会の形成に取り組みます。

廃棄物の削減

循環型社会形成を目指し、廃棄物発生の抑制やリサイクルの推進によって、最終処分量をゼロに近づけるゼロエミッションに積極的に取り組んでいます。

廃棄物の排出抑制

事業活動における国内13社の2016年度廃棄物総排出量は336千トンとなりました。生産量の変動に伴い廃棄物排出量も増減しますが、リユースやリサイクル等再資源化を進め、最終処分量の削減に努めています。2016年度の再資源化率は98.5%、最終処分量は465トンとなりました。各工場ではゼロエミッションを目指して、継続して3R(リデュース・リユース・リサイクル)に積極的に取り組んでいます。
再資源化率と最終処分量
グラフ

9カ月(4-12月)の実績

再資源化率(%)=(再資源化量+ 有価物量)/(最終処分量+ 再資源化量+ 有価物量)× 100

大塚グループ

PRTR対象物質

国内13社のPRTR対象物質の管理状況は以下の通りです。

※ Pollutant Release and Transfer Register(化学物質排出移動量届出制度)の略称:現在462物質が指定されている
PRTR対象物質取扱量・排出量・移動量
グラフ

9カ月(4-12月)の実績

大塚グループ

廃棄物の削減と3Rの推進

Theme thumb img 3r

大塚製薬工場:鳴門工場の「徳島県認定3Rモデル事務所認定証」

Theme thumb img 3r02

イーエヌ大塚製薬:リユースされる一斗缶

Theme thumb %e5%a4%a7%e5%a1%9a%e8%a3%bd%e8%96%ac %e5%be%b3%e5%b3%b6%e3%83%af%e3%82%b8%e3%82%ad%e5%b7%a5%e5%a0%b4

大塚製薬:徳島ワジキ工場

大塚グループは3R(リデュース・リユース・リサイクル)への取り組みを通じ、循環型社会の構築に努め、ゼロエミッションを目指しています。大塚製薬では製造工程で排出される廃棄物に対して、適宜、マテリアルリサイクル※1化、サーマルリサイクル※2化を図っております。2005年度に徳島ワジキ工場が社内基準によるゼロエミッションを達成し、現在は国内7工場のうち5工場がゼロエミッションを達成、継続しています。未達成の工場においても、焼却炉運転に伴い発生する燃え殻、ばいじん等の再資源化に取り組んだ結果、全社レベルにおいてはゼロエミッション社内基準を達成しています。
大塚製薬工場は、2009年に全工場でゼロエミッション(リサイクル率:99%以上)を達成、継続しています。また、各自治体から、鳴門工場と松茂工場が「徳島県認定3Rモデル事業所」、富山工場が「富山県エコ事業所」の認定を受け、釧路工場では「北海道グリーン・ビズ認定制度」による「優良な取組」部門の登録を受けています。大塚食品は、2010年に全工場でゼロエミッションを達成、継続しています。さらに徳島工場では、製造工程で排出される産業廃棄物を39品目に分別、13品目の製品へ加工・再生しています。その取り組みが評価され、「徳島県3R実践事業所」に認定されています。
イーエヌ大塚製薬の花巻工場では、油脂類原料の使用済み一斗缶容器を農産物等の輸送容器にリユースする取引先に、その他段ボール・ポリエチレン袋はリサイクルを行う取引先にそれぞれ有価物として引き取ってもらう等、再資源化に取り組んでいます。大塚テクノにおいても廃棄物の徹底分別によるリサイクル率向上、工場内ゼロエミッション達成に取り組み、再資源化率99%以上を継続しています。鳴門本社・鳴門工場と鷲敷工場が「徳島県認定3Rモデル事業所」に認定されています。

※1 廃棄物を製品の原料として再利用すること
※2 廃棄物を焼却処理する際に発生するエネルギーを回収し利用すること
大塚グループ
環境
環境マネジメント
Response thumb thumb2016 env

環境方針/活動指針

【大塚グループ環境方針】 大塚グループは、グローバルヘルスケア企業として、また社会の責任ある一員として、地球環境に常に配慮した事業活動を行い、地球環...

環境
環境マネジメント
Response thumb %e5%a4%a7%e5%a1%9a%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97 %e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%ab%e7%92%b0%e5%a2%83%e4%bc%9a%e8%ad%b0

大塚グループ環境推進会議

大塚グループは、「大塚グループ環境方針・活動指針」にもとづいた環境活動を推進するため、グループ全体の統括責任者、グループ各社の推進責任者および事務局等...

環境
環境マネジメント
Response thumb img e navi

環境教育

大塚製薬では2011年より全社員を対象に環境学習のeラーニングプログラム「環境の学校」を開講しています。「環境の学校」は、環境問題への理解・認識を深め...

環境
気候変動への対応
Response thumb thumb2016 env

地球温暖化防止、省エネルギーの推進

事業活動における国内13社※1の2016年度CO2排出量は333千トン、海外グループ会社34社※1では462千トン、グローバルには795千トンでした。...

環境
気候変動への対応
Response thumb img factory

生産現場における取り組み

大塚グループの各生産拠点では、地球温暖化防止に向けてハード(設備更新)とソフト(エネルギーの運用改善)両面から省エネ活動を推進しています。多くの生産拠...

環境
気候変動への対応
Response thumb otsuka pic50

物流におけるCO2排出量削減

大塚グループでは物流における環境負荷の低減に取り組んでいます。大塚製薬は、飲料等のトラックによる幹線貨物輸送を環境負荷が低く大量輸送が可能な海運または...

環境
気候変動への対応
Response thumb img led

オフィスにおける取り組み

オフィスの省エネルギー活動は、エネルギー利用の効率化と営業車輛の燃費改善を中心に取り組み、グループ各社の環境担当で構成されるグループオフィス環境会議で...

環境
気候変動への対応
Response thumb otsuka pic37

クリーンエネルギーの利用

大塚グループでは、各社で太陽光発電システムを導入し、自然エネルギーの利用によるCO2排出量の削減に取り組んでいます。大塚テクノでは、鳴門本社、鳴門モー...

環境
気候変動への対応
Response thumb otsuka pic49

グリーンカーテンの活用

各事業所や工場では、省エネルギー活動の一環としてゴーヤやアサガオ等つるを伸ばす植物を日当たりの良い窓辺に植栽し、室温を下げるグリーンカーテンを毎年実施...

環境
環境配慮型製品
Response thumb img prducts

製品容器の軽量化

大塚グループでは、省資源、CO2排出量の低減につながる容器の軽量化に取り組んでいます。ポカリスエットのペットボトルは2007年、日本初の「陽圧無菌充填...

環境
環境配慮型製品
Response thumb img package

製品包装材の軽量化

大塚グループでは段ボールをはじめとする製品の包装材について、環境負荷低減に向けて軽量化を進めています。大塚食品では、炭酸飲料マッチの外装段ボールの軽量...

環境
環境配慮型製品
Response thumb img lai

使用者の利便性に加え廃棄物削減にもつながる製品開発

抗精神病薬「エビリファイ持続性水懸筋注用(LAI)」では、流通過程での耐衝撃性、医療従事者の取り出しやすさ、さらには廃棄性への配慮等、さまざまな工夫を...

環境
環境配慮型製品
Response thumb img gerble

サステナブルな製品設計

「ニュートリション(栄養)」と「サンテ(健康)」を社名とする南フランスの健康栄養食品会社ニュートリション エ サンテ(N&S)は、ビスケットや...

環境
廃棄物の削減
Response thumb thumb2016 env

廃棄物の排出抑制

事業活動における国内13社の2016年度廃棄物総排出量は336千トンとなりました。生産量の変動に伴い廃棄物排出量も増減しますが、リユースやリサイクル等...

環境
廃棄物の削減
Response thumb thumb2016 env

PRTR対象物質

国内13社のPRTR※対象物質の管理状況は以下の通りです。 ※ Pollutant Release and Transfer Register(...

環境
廃棄物の削減
Response thumb img 3r

廃棄物の削減と3Rの推進

大塚グループは3R(リデュース・リユース・リサイクル)への取り組みを通じ、循環型社会の構築に努め、ゼロエミッションを目指しています。大塚製薬では製造工...

環境
生物多様性への配慮
Response thumb thumb2016 env

基本的な考え方、活動指針

■基本的な考え方 大塚グループは、地球に住む大自然の一員として、命のすばらしさに感謝し、自然がもたらす恩恵を未来につなぎ、世界に広げていきます。...

環境
生物多様性への配慮
Response thumb thumb2016 env

生物多様性と事業活動のかかわり

大塚グループは、医薬品、輸液、飲料、食品、化学品等多岐にわたる製品の製造、販売を行っており、その事業領域のすべての活動において、生物多様性とかかわって...

環境
生物多様性への配慮
Response thumb thumb2016 env

水資源への取り組み

事業活動における国内13社の2016年度水使用量は12,222千m3、海外34社は6,441千m3、グローバルには18,663千m3でした。大塚グルー...

環境
生物多様性への配慮
Response thumb img bio01

ビオトープの設置

大塚製薬 徳島板野工場は「自然との共生」をコンセプトに、人と環境にやさしい工場づくりを進めています。敷地は工場建設前のランドスケープを活かして設計され...

環境
生物多様性への配慮
Response thumb %e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%b8grapevines 2

水資源、水源への取り組み

米国カルフォルニア州を代表する名門ワイナリーである、米国のワイナリーリッジヴィンヤーズは、ブドウ畑を灌漑するために使用する水の量を減らす革新的な技術を...

環境
生物多様性への配慮
Response thumb img bio03

絶滅危惧種保護・繁殖の取り組み

大塚製薬 徳島板野工場では、敷地内のビオトープ池で、絶滅危惧種に指定されている小型淡水魚「カワバタモロコ」を放流し、繁殖・保護して自然に戻す活動に参加...

環境
生物多様性への配慮
Response thumb img biwako

「グループ外来魚釣り大会」を開催

近畿圏の生活用水を支え、多くの人に親しまれている琵琶湖は、ブルーギル等の外来魚の繁殖が原因で琵琶湖古来の固有種が減少し、長年にわたり生態系が揺るがされ...

環境
生物多様性への配慮
Response thumb img kankyoclub

地域と連携して活動「大塚製薬環境クラブ」

社員ボランティアで構成する「大塚製薬環境クラブ」には、徳島在住のグループ社員も多く参加し、自治体等と連携・協力しながら、海岸清掃の実施、清掃時のゴミデ...

環境
生物多様性への配慮
Response thumb img rspo

RSPO認証

ニュートリション エ サンテ(N&S)は、ビスケット等に使用するパーム油に関して、「持続可能なパーム油のための円卓会議」(RSPO※)に参加し...

環境
生物多様性への配慮
Response thumb otsuka pic29

地域に開かれた工場

大塚グループの各工場では、事業所周辺の清掃活動を積極的に行い、春には敷地内の桜を地域の人々が楽しむ等、地域に開かれた工場でありたいと考えています。また...