Logo

Health 健康

大塚グループは、ヘルスケアをトータルで捉え、「疾病の治癒」と「健康の増進」の2つの視点から、革新的な製品づくりと情報の提供を進めていきます。

健康啓発活動

大塚グルーブは、ステークホルダーに健康づくりへの意識を高めてもらうために、さまざまな活動を行っています。

熱中症予防啓発活動の推進

Theme thumb %e5%a4%a7%e5%a1%9a%e8%a3%bd%e8%96%ac %e7%86%b1%e4%b8%ad%e7%97%87%e4%ba%88%e9%98%b2%e5%95%93%e7%99%ba%e6%b4%bb%e5%8b%95

大塚製薬:熱中症予防啓発活動

Theme thumb %e5%a4%a7%e5%a1%9a%e8%a3%bd%e8%96%ac%e5%b7%a5%e5%a0%b4  %e6%95%99%e3%81%88%e3%81%a6  %e3%81%8b%e3%81%8f%e3%82%8c%e8%84%b1%e6%b0%b4 %e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a

大塚製薬工場:「教えて!『かくれ脱水』委員会」の活動

Theme thumb %e5%a4%a7%e5%a1%9a%e8%a3%bd%e8%96%ac%e5%b7%a5%e5%a0%b4  %e6%95%99%e3%81%88%e3%81%a6  %e3%81%8b%e3%81%8f%e3%82%8c%e8%84%b1%e6%b0%b4 %e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a

大塚製薬工場:「教えて!『かくれ脱水』委員会」の活動

Theme thumb otsuka pic9

香港大塚:ランニングプログラムの様子

大塚製薬はポカリスエットの発売当初より、水分・電解質(イオン)補給の重要性をさまざまなシーンで訴求してきました。子どもから高齢者まで幅広い方々への啓発活動を行っており、その中でも熱中症予防・対策については、25年以上にわたり取り組んでいます。具体的な取り組みとして、大塚製薬では、自社研究所等でのイオン飲料を用いた研究成果に基づき、社員自らが現場に赴き、水分・電解質(イオン)補給の重要性の情報提供を行う「出張講座」を実施しています。現在では、スポーツ実施者や指導者、建設現場や工場等の暑熱環境下で働く方、熱中症に注意が必要な高齢者等へ対象を広げ、全国で啓発活動を行っています。さらにこの社員による「出張講座」を通して、政府が進める地球温暖化のための「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」を普及する活動を支援しています。さらに、夏季にはインターハイ等のスポーツ大会における支援活動や、各自治体と連携した熱中症予防・対策の広報としてポスターや冊子を作成し配布する活動も行いました。これらの多岐にわたる活動を全国で実施していることやその規模の大きさ等の取組みが評価され、2016年には熱中症予防の優れた取組みを実施した企業を表彰する熱中症予防声かけプロジェクト「ひと涼みアワード2016」において、3年連続「最優秀啓発賞」の受賞および、全受賞団体中、最も効果的に熱中症予防の啓発活動を実施した団体へ贈られる「トップランナー賞」(民間部門)を受賞しました。今後も、地球温暖化等の環境の変化や高齢化社会への対応、および安全に運動を継続するための熱中症対策等、生活上の様々なシーンにおける水分・電解質(イオン)補給の重要性の啓発活動を継続し、人々の健康維持・増進に貢献していきます。
大塚製薬工場では、深刻な脱水状態に陥る手前の予防対策を啓発する「教えて!『かくれ脱水』委員会」の趣旨に賛同し、運営に協力しています。熱中症は、体内の熱が放出されずにこもってしまうことで起こり、その背景には必要な水分が不足する脱水状態が深く関係しています。これまで脱水状態の治療には輸液を用いるのが通例でしたが、最近では、軽度から中等度の脱水状態には経口補水療法による早めの対処による重症化の防止が広まっています。また、経口補水療法の啓発活動によって、熱中症に対する知識や理解が浸透し、日本救急医学会の「熱中症診療ガイドライン」に、熱中症時の飲料として経口補水液が推奨され、そこで「オーエスワン」が紹介されました。大塚製薬工場では、今後も脱水の知識の啓発と予防につながる正しい水分・イオン補給を促す「教えて!『かくれ脱水』委員会」の活動を支援いたします。
製品出荷作業において屋外でのフォークリフト作業を伴う大塚テクノでは、保管担当者の熱中症対策に取り組んでいます。中央労働災害防止協会の熱中症予防パンフレットを配布し、熱中症予防への認識・意識啓発を行っています。
イーエヌ大塚製薬花巻工場・北上工場では、社員だけでなく、構内で作業される外部業者の方にも熱中症の危険性を伝え、こまめな水分補給を喚起しています。特に6月~9月の間は、社員がいつでも水分補給ができるよう、両工場にポカリスエットサーバーを設置しています。
香港大塚は、精神疾患の患者さんを支援する組織(Early Psychosis Foundation(EPISO)と連携した活動を行っています。EPISOは、精神科大学病院の医師、香港大学の教授、ソーシャルワーカー、ボランティアスタッフ等からなる組織です。精神疾患の理解を深めるための活動を実施しており、運動によるさらなる健康を願って、ヨガやランニングプログラムを行っています。香港大塚では、それらの活動に賛同し、EPISOが開催するプログラムに役立ててもらえるよう、医師やボランティアスタッフに、水分・イオン補給の方法やその重要性の説明を行いました。香港大塚は、医療関連とニュートラシューティカルズ関連の両輪で事業を展開しています。今後も両事業の知識や経験を生かし、人々の健康に貢献できる活動を続けていきます。
 
※ 環境省と官民一体で取り組む「熱中症予防声かけプロジェクト」において、特に優れた取り組みを表彰するアワード

VOICE

写真
スーパー食育スクールへの協力
株式会社大塚製薬工場
総務部社員食堂 管理栄養士
前田 翼

文部科学省が推進するスーパー食育スクール事業の指定を受けた徳島県立鳴門渦潮高等学校からの要請を受け、同校が取り組む「食の感性を磨く~食育とスポーツを通して体の変化に気づきを与える」をテーマに、トップアスリートを目指す生徒を対象に、必要な栄養素や食事、健康管理に関する知識や、食の大切さ・スポーツとの関連について講話を行いました。その後、生徒に当社の社員食堂で食事をしてもらい、「栄養バランスが取れていて、とてもおいしい定食ですね」との感想をいただきました。

大塚グループ

女性の健康啓発

Theme thumb img womanhelth01

大塚製薬:女性の健康セミナー

Theme thumb img womanhelth02

大塚製薬:佐賀栄養製品研究所

日本人の平均寿命は男女ともに80 歳を超え、世界的にもトップクラスです。しかし、介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送ることができる「健康寿命」との差は、男性で約9年、女性では約12年ほどあり、高齢化社会の日本において健康寿命の延伸が重要課題のひとつとなっています。また、女性の社会進出が進むなか、女性が育児、介護、自身の健康問題等と向きあいながら活躍できる環境を整えることが必要とされています。
しかし女性特有のリズムの乱れといった体調への不安から日常生活や業務に支障が出たり、昇進に前向きになれなかったりする人も少なくありません。特に加齢に伴い心身に変化が生じるゆらぎ世代を迎える時期のケアが将来の健康寿命にも影響するとされます。大塚製薬は、ゆらぎ世代の女性の健康と美をサポートするため、乳酸菌で大豆胚芽を発酵させてつくったエクオール含有食品「エクエル」を開発。また女性が生き生きと活躍するためにライフステージごとの心身の変化を知り、自分にあった対処法の選択肢を増やすことが重要だと考え、全国で「女性の健康」に関するセミナーを開催しています。
2016年には、近畿大学東洋医学研究所と共同で、エクオールに関する研究成果も発表し、女性の生活の質向上に向け取り組んでいます。
さらに「女性の栄養」についての大塚製薬のウェブサイトでの情報提供といった社外への訴求に加え、大塚グループ社員を対象にした「女性の健康セミナー」の開催等、社員自身も健康に関心を持ち、健康の維持管理に役立てられるようサポートをしています。

※ 健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料
大塚製薬

ピンクリボン活動を応援

Theme thumb %e5%a4%a7%e9%b5%ac%e8%96%ac%e5%93%81 %e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0%e3%81%ab%e3%81%a6%e3%81%8c%e3%82%93%e3%81%ae%e6%a4%9c%e8%a8%ba%e5%95%93%e7%99%ba%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%92%e9%85%8d%e5%b8%83

大鵬薬品:ピンクリボンシンポジウムにてブース展示

Theme thumb 2016101405

大鵬薬品:北島工場のピンクリボンライトアップ

大鵬薬品は、乳がんの正しい知識を広め、検診の早期受診を啓発・推進するために、世界的に行われているピンクリボン活動を応援しています。2016年は、「大鵬一丸」を念頭に置き、ピンクリボン月間とされる10月を中心にさまざまな取り組みを行いました。まずは9月中旬から10月にかけて、本社(本館・別館)と徳島工場の受付にピンクリボンチャームを設置し、来社いただいた皆さんへの啓発を行いました。北島工場では、10月1日のピンクリボンデーにあわせ、水処理施設をピンク色に染める恒例のライトアップを、そして工場内の芝生には今年新たにLEDを使ったピンクリボンのイルミネーションを設け、ピンクリボン月間を強くアピールしました。
また、2016年も「ピンクリボンシンポジウム」(主催 日本対がん協会、朝日新聞社)に協賛し、10月2日に開催された同シンポジウムの東京会場にブースを出展。このシンポジウムは最新の乳がんの治療情報に加え、がんとの向き合い方や心のケアについて伝えることを目的としています。2016年は2,000人を超える応募があり、早々に募集を締め切るほどの人気となり、当選した780人が会場に集いました。2016年のテーマは「いっしょなら、きっと乗り越えられる。 ―乳がんの最新治療と心のケア」。 当日は、乳がん経験者とそのご家族に向けて専門医の講演と、ゲストの南果歩さん(女優)によるトークショーが行われました。来場者からは積極的に質問がよせられ、乳がんに対する関心の高さが例年以上にうかがわれました。当日、大鵬薬品のブースでは、乳がんをはじめ、がんを早期発見するためのサインを紹介したパンフレット「見のがすな!がんのサイン」やピンクリボンシールの配布とあわせて、啓発グッズとして洗濯バッグを来場者全員に配布しました。このバッグは事前に社員アンケートをもとに、「洗濯は必ず行う家事で日常的に目に触れる機会も多いため、啓発グッズに最適」と考えてつくったものです。バッグを通して検診への関心が高まり、今後より多くの方が受診されることを願っています。
現在、日本人女性の11人に1人が乳がんを患うといわれています。1人でも多くの女性が笑顔で過ごせるように、大鵬薬品はこれからも広くピンクリボン活動を応援していきます。

※出典:がん情報サービス
大鵬薬品
健康
アンメットニーズへの対応
Response thumb otsuka pic12

アンメットメディカルニーズへの対応

中枢神経領域では、統合失調症、うつ病、双極性障害、アルツハイマー等数多くの疾患があるものの、その発症原因は解明されていないものが多く、研究開発が難しい...

健康
アンメットニーズへの対応
Response thumb img fightback

世界の公衆衛生への取り組み

エイズ、マラリアと並ぶ世界三大感染症のひとつである結核。近年、既存の結核薬に耐性を持ち治療が難しい多剤耐性結核※1が新たな課題となっています。本疾患は...

健康
アンメットニーズへの対応
Response thumb  img 7755 %e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88170707

消費者の方が気づいていないニーズへの対応

機能性食品や飲料等を展開する大塚製薬のニュートラシューティカルズ関連事業分野にでは、医療関連事業で培われたノウハウを活かし、 人々の健康の維持・増進の...

健康
アンメットニーズへの対応
Response thumb %e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%ab

世界を視野に入れたメディカルフーズの研究

大塚製薬工場は、臨床栄養に強みを持つ製薬会社だからこそできる、エビデンスに裏づけられた独創的な食品を開発することをミッションとし、医療・介護の場で役立...

健康
アンメットニーズへの対応
Response thumb img foods

輸液療法から食べる喜びまでをサポート

大塚製薬工場では、主力製品の輸液製剤や経腸栄養剤等の医療用医薬品から患者さんに役立つメディカルフーズ等、急性期から回復期を経て通常の生活に戻るまで、患...

健康
健康啓発活動
Response thumb %e5%a4%a7%e5%a1%9a%e8%a3%bd%e8%96%ac %e7%86%b1%e4%b8%ad%e7%97%87%e4%ba%88%e9%98%b2%e5%95%93%e7%99%ba%e6%b4%bb%e5%8b%95

熱中症予防啓発活動の推進

大塚製薬はポカリスエットの発売当初より、水分・電解質(イオン)補給の重要性をさまざまなシーンで訴求してきました。子どもから高齢者まで幅広い方々への啓発...

健康
健康啓発活動
Response thumb img womanhelth01

女性の健康啓発

日本人の平均寿命は男女ともに80 歳を超え、世界的にもトップクラスです。しかし、介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送ることができる「健康...

健康
健康啓発活動
Response thumb %e5%a4%a7%e9%b5%ac%e8%96%ac%e5%93%81 %e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0%e3%81%ab%e3%81%a6%e3%81%8c%e3%82%93%e3%81%ae%e6%a4%9c%e8%a8%ba%e5%95%93%e7%99%ba%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%92%e9%85%8d%e5%b8%83

ピンクリボン活動を応援

大鵬薬品は、乳がんの正しい知識を広め、検診の早期受診を啓発・推進するために、世界的に行われているピンクリボン活動を応援しています。2016年は、「大鵬...

健康
健康情報の発信
Response thumb %e5%a4%a7%e9%b5%ac%e8%96%ac%e5%93%81 survivorship.jp

ウェブサイトを通じた健康情報の発信

大塚グループでは、がんやその他の病気への知識と正しい理解を広めるための活動を行っています。大鵬薬品では、がんに関する情報、またアレルギーや身近な生活の...

健康
健康情報の発信
Response thumb %e5%a4%a7%e5%a1%9a%e9%a3%9f%e5%93%81

My First Water Project

大塚食品は「子どもが水を選べるようになるまで、水を選ぶのは親の役目である」ことを理念として、“安全・安心”な水の情報提供に取り組むプロジェクト「My ...

健康
健康情報の発信
Response thumb %e5%86%8a%e5%ad%90%ef%be%97%ef%bd%b2%ef%be%9d%ef%be%85%ef%bd%af%ef%be%8c%ef%be%9f

OTSUKAまんがヘルシー文庫

大塚グループは、子どもたちの健康づくりに寄与する活動として1989年に「OTSUKAまんがヘルシー文庫」を創刊。毎年1巻を発行し、25年以上にわたり全...

健康
健康情報の発信
Response thumb img twenty

20~TWENTY~

大鵬薬品は、治療中も患者さんがその人らしく生き生きと過ごすことを理念とするオレンジクローバー活動を支援し、その監修を受け、冊子『20~TWENTY~』...

健康
健康情報の発信
Response thumb %e7%b5%b1%e5%90%88%e5%a4%b1%e8%aa%bf%e7%97%87%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%a0img 1136

疾患啓発

大塚製薬は中枢神経領域疾患の製品を展開する企業として、疾患啓発にも注力。2009年から毎年全国2都市で統合失調症フォーラムを開催しており、 2016年...